Banner BG_bLURRED LINE_edited.jpg
Circle BG3.png

木頭、徳島県の南の山あいにひっそりとたたずむ小さな村。
きらめく川、神秘的な山々、そして田舎らしいゆったりとした暮らしの雰囲気。
それらに囲まれたここは、時代の中でその姿を消そうとしている
「本来の日本」に限りなく近い場所です。



物語がテーマのゲストハウスを作るには、
どこが良いだろう?

2_edited.jpg
Yuzu Picking Kito_SQUARE_edited
Yuzu Picking Kito_SQUARE_edited

ゆず狩り_徳島県木頭村

press to zoom
te_SQUARe_edited
te_SQUARe_edited

press to zoom
Misty-mountains_SQUARE_edited
Misty-mountains_SQUARE_edited

press to zoom
Yuzu Picking Kito_SQUARE_edited
Yuzu Picking Kito_SQUARE_edited

ゆず狩り_徳島県木頭村

press to zoom
1/4
あなたは木頭でどんな物語と出会うのでしょう?
1_edited.jpg
 最後の日本文化そのもの 

木頭

Next Chapter「ネクストチャプター」は、徳島県の南西部にある「木頭」という小さな美しい村が舞台です。
おおよそ徳島市から自動車で2時間、高知市から1.5時間。

 

小さな集落と穏やかな風景の中を流れる透き通った那賀川には、その流れで名産の木頭杉を下流へと運んできた歴史があります。かつてその杉の仕事は村の生活と文化の中心でした。しかし杉の価格の下落とともに人口は減少し、今では半ば忘れられたかつての宝物となっています。杉という木の需要は時代の流れの中で薄れてしまいましたが、
その間に別の木がここ木頭の地に育っていました。

 

約50年前から本格的に始まった「木頭ゆず」の生産。
その良質な味と香りは今や黄金の村として
この地を再び有名にしています。

この他にもまだまだたくさんある隠された木頭の物語。
素敵な場所、アクティビティを通じて発見する
あなただけの新しい物語。
それは思ったより簡単に見つかるでしょう。

compas BG.png

ゲストハウス

 ストーリーが集まる場所 

物語には様々な形があります。
枕元でおばあちゃんがしてくれた昔話。
長い間使われただろう古い農具のひび割れが伝えて来るもの。
あるいはシンプルにまだ見ぬ土地へ訪れた際に自分の中に残るもの。

 

物語、それがこのゲストハウスが提供したいものです。
ネクストチャプターはこの木頭という場所で
あなただけの物語を見つけていただくために用意した、
招待状のようなもの。

 

木頭の美しい自然と「まだ見ぬ素敵な何か」への入り口として、訪れた人たちに快適でユニークな滞在場所を提供しています。

Circle BG3.png

私たちの部屋

Next Chapterは、この美しい山あいの町に興味を持つ人たちに、「ちょうど良い」宿泊施設を提供することを目的としており、最大16名まで宿泊することができます。

P_20220613_191857_edited.jpg
個室、2名様用

ゆずイエロー

お布団を2枚まで敷ける畳の和室です。

 

料金

1名様:7,500円
2名様:7,500円

Next_Chapter_Tokushima_Room
Next_Chapter_Tokushima_Room

press to zoom
Next_Chapter_Tokushima_Room_2
Next_Chapter_Tokushima_Room_2

press to zoom
Next_Chapter_Tokushima_Room_3
Next_Chapter_Tokushima_Room_3

press to zoom
Next_Chapter_Tokushima_Room
Next_Chapter_Tokushima_Room

press to zoom
1/3

ガッパグリーン

個室・定員3名

布団を3枚敷くことができる伝統的な畳の和室です。折りたたみ式の机と椅子もあり、リモートワークにもピッタリです。

 

価格
1名様:8000円*
2名様:8,500円*
3名様:11,000円*

Next_Chapter_Tokushima_Room_21
Next_Chapter_Tokushima_Room_21

press to zoom
Next_Chapter_Tokushima_Room_22
Next_Chapter_Tokushima_Room_22

press to zoom
Next_Chapter_Tokushima_Room_23
Next_Chapter_Tokushima_Room_23

press to zoom
Next_Chapter_Tokushima_Room_21
Next_Chapter_Tokushima_Room_21

press to zoom
1/3

那賀川ブルー

個室・定員3名**

伝統的な畳の和室は布団を3枚敷くことができ、那賀川や木頭の山々を望むことができます。 

また、リモートワークもできるデスクや、お気に入りの本を自由に楽しめる居心地の良い「ヌーク」も備えています。

 

価格
1名様:8,500円
2名様:9,000円
3名様:12,000円

Next_Chapter_Tokushima_Room_23
Next_Chapter_Tokushima_Room_23

press to zoom
Next_Chapter_Tokushima_Room_32
Next_Chapter_Tokushima_Room_32

press to zoom
Next_Chapter_Tokushima_Room_33
Next_Chapter_Tokushima_Room_33

press to zoom
Next_Chapter_Tokushima_Room_23
Next_Chapter_Tokushima_Room_23

press to zoom
1/3
IMG_9393 copy_edited.png
IMG_9405_edited.jpg
IMG_9410_edited.png
P1160188_edited.jpg

男女共用ドミトリー

定員8名

2段ベッドが4つあり、最大8名まで宿泊可能な男女混合ドミトリーです。各段には専用ロッカーも付いています。

 

価格
1名:3,500円*

P1160188_edited
P1160188_edited

press to zoom
P1160194_edited
P1160194_edited

press to zoom
P1160188_edited
P1160188_edited

press to zoom
1/2
Attraction-01.png
Attraction-01_edited.png

キッチン

The Next Chapterには、自炊を楽しめるキッチンが完備されています。また、木頭には外食できる場所もいろいろあります。一番近いのは「たちばな」で、日曜日以外のの毎日、夜の8時まで営業しています。しかし、私たちは日本の古き良き山奥の暮らしをしているため、残念ながら現代都市の便利さはありません。 ですので、お客様には念のため、お好きな食べ物を持参されることをお勧めします。

   「たちばな」やその他の軽食スポットについてはこちらをご覧ください。

Attraction-01_edited.png

共有スペース

共有スペースは、一日の冒険の後にリラックスするのにお勧めの場所です。くつろげるコーナーがたくさんあり、階段下の秘密の "ヌーク "は、本を読むのに最適です。また、お子様を一時的に遊ばせておくにも最適です。

Next_Chapter_Tokushima_Kitchen.jpg
IMG_1367edited copy_edited.jpg

庭の様子

Next Chapterの庭は、宿泊客や地元の人、近所のアナグマたちにも楽しんでもらえるように作られています。

庭の正面には長いベンチがあり、あなたや通りすがりのおばあさんが休めるようになっています。そのほかにも、庭のあちこちに座れるスペースやくつろげるスペースがあります。また、ゲストハウスの建物とつながっているウッドデッキは、夕方からお酒やおつまみを楽しむのに最適です。

 

皆さん、ぜひ私たちの庭を楽しんでください。

96C8F2F41279F027EB3D2AD8D670C61D copy.jpg
Untitled-1-01_edited.jpg
REM wORK_edited.jpg

その他の施設・サービス

ゲストハウスの1階には共有のバスルームがあり、2階には共有のシャワールームがあります。

 

また、洗濯機、乾燥機も完備しており、リーズナブルな料金でご利用いただけます

Attraction-01_edited.png

リモートワーク

リモートワークが当たり前な世の中、私たちは、訪れた方が座って仕事に集中できるような刺激的な場所をたくさん用意できるよう努力してきました。良好な「リモートワーク」を実現するために、高速ひかりファイバーインターネットによる無料WIFIを全館で利用可能です。

そして何より素晴らしいのは、一息つきたいときにいつでも美しい景色と新鮮な山の空気が目の前にあることです。

Circle BG3.png

わたしたち

 わたしたちの物語 

わたしたちのチームには様々な背景の人がいます。それぞれがたどりついたのが、徳島県の旧木頭村で持続可能な人口創出を目指して様々な活性化事業を展開している小さな会社・KITO DESIGN HOLDINGS(株)(KDH)。
広い世界のすみっこで活動する小さなチームです。

Tyler_edited.jpg
Tyler Walkey
タイラー・ワキ

映像クリエイター

鼻でいろんな物のバランスとる人

プロモーションコンテンツや地元の木頭の生活を切り取った美しい映像の裏でカメラを握っているのはタイラーです。
カリフォルニア出身の彼は、動画や映画制作に深く関わった人生を送ってきました。

 

美しい映像を作るだけでなく、タイラーはあらゆる方向に興味を広げてきました。
ドローンパイロット歴8年、あらゆるアウトドア活動経験、ハリウッドの大予算映画での小道具製作など。
いろんな物を鼻やアゴに乗せるバランス芸まで持っています。

 

Alrik_edited.jpg
Alrik Fallet
アルリック・ファレット

プロジェクトリーダー /  デザイナー
変なノルウェー人

ノルウェーの小さな山村で育った変なスカンジナビア人・アルリックがこのプロジェクトのリーダーです。
昔から音楽と自分の手で何かを創りあげることに興味があり、これがこのプロジェクト全体のデザインとアイデアに大きく役立っています。
音楽テクノロジーの学位をもち、ノートPCにオーケストラ楽団を隠し持った彼はタイラーの木頭動画を音と音楽でサポートしています。
 
彼の旅/冒険/自然への愛が彼を四国の古山に導いたのは数年前のこと。

 

Niki_edited.jpg
仁木基裕
にき もとひろ

KDH事務所長
ラーメニスト

徳島県旧鷲敷町出身の仁木さんは、政治、地域振興事業、四国サミットとくしまの設立やJC活動などの地域振興活動の経験を持つKDH事務所の所長です。このような経歴と膨大な謎に満ちたネットワークを持つ彼は、2人の自己中な外国人がいるオフィスでもその問題解決能力を発揮しています。

仕事と結婚していて、スポーツ(特に野球)とラーメンが大好き。彼の仕事のエネルギー源がラーメンなのか、野球なのかは誰にもわかりません。
 

201111 Fall Colors around Kito_6_edited.jpg

ニュース

 プロジェクト最新アップデート 

Facebook

Instagram

compas BG.png

ロケーション

高知県と徳島県の県道195号線に挟まれた山間部に位置する町。高知市からも徳島市からも、車で約2時間です。
KITOに到着したら、195号線からすぐ、木頭の中心地の出原地区にあるのがThe Next Chapterです。

 

 何か質問があれば、遠慮なくご連絡ください:)

マエダ-18-1 木頭出原 那賀町 那賀郡
徳島県 771-6402

compas BG.png

ぜひ、SNSでフォローやストーリーをご覧ください

  • Next_Chapter_Facebook
  • Next_Chapter_Instagram
  • Next_Chapter_Youtube
  • EMAIL-02-01

お問い合わせはこちら

お問い合わせありがとうございました。